★転職でも役立つ?福岡は大学よりも高校の人脈が重要!★

普通であれば世間は出身大学が気になるものであり、経歴を書くにしても最終学歴が大学なら大学まで書くのが一般的です。ですが、福岡は少し事情が違い、最終学歴を高校まで明らかにする傾向があります。それくらい福岡では高校の人脈が将来を左右すると言っても過言でなく、転職活動でも有利に働かせることができるかもしれません。福岡は7学区制が導入されており、誰でも希望する県立高校を受験できるわけではありません。自分が住んでいる地域によって受験できる高校が決まっているのです。したがって、地元で小中高と過ごしていくため、地元同士の結束力が強く卒業後も関係が継続していく傾向にあるのです。したがって、学区ごとにトップ校が存在しており、なかでも修猷館、筑紫丘、福岡の3校が御三家として君臨しいています。卒業生には大企業の社長も多く輩出しており、OB会なども盛んです。さらには御三家同士でお互いをライバルとし、競い合いながら市元経済を牽引しています。したがって、御三家出身で転職を希望するなら、自分の出身校のOBが集まる企業を狙うのも1つの手段でしょう。面接では高校話を話題にできるなど何よりのアピールポイントとなります。もちろん、福岡県外の高校卒業生が社長を務める大企業も九州弾力やJR九州のようにあります。出身が福岡ではなくても全然悲観することはありません。ただし、役員の半数が社長と同じ高校出身者で構成された企業もあるなど、地元愛の強い福岡ならではの光景がビジネス業界でも反映されているのです。転職する際に少しでも有利にしたいなら福岡が地元の人であれば出身高校も注意してみると良いかもしれないとうことです。特に転職活動がなかなか上手くいかない場合は同じ高校出身の人に相談してみると良い出会いに発展するかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *